MENU

キャッシングの返済計画の立て方

キャッシングを利用する上で、一番大切なことは何でしょうか。
それは「最後まできちんと返済を行う」ということではないでしょうか。

 

万が一途中で返済できない状態になると、以後の人生を棒に振る事態にもなりかねません。
給料や資産を差し押さえされ、将来の人生の展望が全く開けなくなるかもしれません。

 

そのためには事前に念密な返済計画を立てることが重要になってきます。
「返済なんて何とかなるだろう」という甘い気持ちでキャッシングを利用すると、後々大変なことになるかもしれません。

 

賢い返済計画の立て方

返済計画を立てる上では、まず「実際に返済に充てることができる金額」を正確に把握する必要があります。いくら収入が多くても、毎月の生活資金などの支出は人それぞれにより異なります。

 

たとえ月収100万円を稼いでいたとしても、その方の生活費などの支出が月80万円あるならば、実際に自由に使うことのできる金額は20万円となります。このような方が100万円を借入して、翌月に一括で返済する計画を立てたとしても、とても履行できるはずがありません。

 

自由に使うことのできるお金のことを「可処分所得」といいます。
キャッシングの返済計画では、収入の多さよりも「可処分所得」の多さが大きな意味を持つことになります。

 

「可処分所得」は毎月の収入から「固定費」を引いた金額になります。
「固定費」とは家賃・光熱費・通信費など毎月必ず支払いが必要な費用のことです。
この「固定費」が少ないほど「可処分所得」も大きくなります。

 

また「固定費」の他にも食事代・交友費などの「変動費」も頭にいれておく必要があります。
ただし「変動費」については自己努力で改善できる性質を持っています。

 

さすがに食事代を0にすることは困難ですが、例えば外食を減らして自炊するなど、自己努力でコントロールできる性質もあることを知っておきましょう。

 

キャッシングの返済可能金額は「収入ー固定費―変動費」の金額となります。
借入金額と金利、借入期間に応じた毎月の返済額がこの範囲内で収まらなければ、いずれは返済に支障が出る可能性が高いことになります。

 

この金額を正確に把握し、また変動費を抑えることができないかどうかを検討することが、返済計画では重要といえるでしょう。

 

リボ払いキャッシングの返済計画

最近のキャッシングは多くが「リボ払い」の返済方式となっています。
毎月の最低返済金額が固定されている「リボ払い」では、毎月の返済金額自体を最小限に抑えることができます。

 

しかし毎月の返済金額が少額である分、返済までの期間が長期化しやすい傾向があります。
その分利息支払い負担も大きくなり、いつまでたっても完済できない状況に陥りやすくなります。

 

リボ払いのキャッシングでは、毎月の返済以外にできるだけ余分目に返済することを心がけましょう。例えばボーナスなどの臨時収入が入った月や、残業代が多い月などは、余分目に返済できるチャンスといえるかもしれません。

 

これにより返済期間の長期化を防ぐことができ、トータルの利息支払い負担も減らすことができます。できるだけ積極的に繰り上げ返済などを活用していくようにしましょう。