MENU

キャッシング会社の比較

キャッシングの利用を考えたとき、まず悩むのが「どこの会社で申し込もうか」ということではないでしょうか。

 

キャッシングを取り扱う金融業者には様々な先があります。
それぞれに金利や借入可能金額、返済方式などの条件が異なります。
また審査基準や審査時間などにも差がありますので、自分の状況に応じた先を選ぶことが大切です。

 

銀行系キャッシング

普段利用する機会の多い銀行が提供するキャッシングです。
一番の魅力は「低金利」で、他金融機関と比較して非常に低い金利で借入することも可能です。

 

顧客から預金を預かり、その資金を貸金として運用できる銀行は豊富な資金量を背景に、キャッシングでも非常に低金利な商品が目立ちます。

 

最近では「ネット銀行」のキャッシングが非常に低金利であるとして人気を集めています。
ネット銀行には基本的に有人店舗がありません。人件費や店舗管理費を削減できる分、低金利のキャッシングの提供が可能になっています。

 

ただし銀行キャッシングは金利が低い分、審査基準が厳しい傾向にあります。
とくに既に他社で借入を利用している利用者の審査は厳しく判断されます。

 

借入金額に関わらず、2〜3社以上他社で利用している方は利用が難しいかもしれません。
また審査時間も若干必要としている先がまだまだ多いのがデメリットといえるでしょう。

 

消費者金融系キャッシング

独特のCMなどで話題を集める消費者金融が提供するキャッシングです。
非常にスピーディーな借入が可能で、ほとんどの先が「即日融資」に対応しています。
文字通り「申込を行ったその日に融資を受ける」ことができ、急な出費などにも十分対応することができます。

 

インターネット、無人契約機など多彩な申込方法が充実しており、自分の都合や生活スタイルに応じた方法を選択できるようになっています。

 

審査基準も比較的緩やかな先も目立っています。
銀行で審査に合格できなかった方が消費者金融で合格できた、という声をよく聞くことができます。これは消費者金融の審査基準が銀行に比較して緩やかであることを示しています。

 

ただしその分適用される金利が若干高めに設定されています。
銀行系キャッシングに比較して全体的に2〜3%金利が高めの商品が多くなっています。
わずか数%の差でも返済時には大きな負担となることもありますので注意しましょう。

 

一方消費者金融の中には「無利息サービス」を行っている先もあります。
文字通り「無利息」でお金を借りることができるサービスです。ほとんどの先が「初回利用者限定」という条件付きですが、確実に無利息期間内で返済できる見通しがある場合には、積極的に利用を検討してみてもいいのではないでしょうか。

 

信販系キャッシング

普段の生活でも利用している「クレジットカード」を提供している会社のキャッシングです。
クレジットカードの「ショッピング枠」とは別枠で「キャッシング枠」を設定する商品を展開しています。

 

通常審査はクレジットカードの作成と同時に行われ、審査基準もそれほど厳しくはありません。銀行系の商品に比較して金利が高めですが、その分ポイントサービスなどのサービス面は充実しています。

 

最近ではIT企業などの会社もキャッシング業界に参入しています。
非常に競争が激しくなっていますが、利用する側としてはサービス面が充実する利点を感じることができます。

 

キャッシングの利用を検討する場合、多くの情報を入手し比較して自分に合った先を見つけるようにしましょう。