MENU

キャッシングの仕組み

急にお金が必要になったとき便利なのが「キャッシング」です。
そもそも「キャッシング」とは「小口のお金を借りる」という意味です。

 

消費者金融などの金融業者の窓口やATM、CDからお金を借りることのできるサービスを意味します。

 

キャッシングの仕組み

キャッシングの審査に合格すると、借入専用のカードが発行されます。
そのカードを使用してATMやCDで現金を引き出すことで借入が成立します。
ちょうど銀行の預金口座から現金を引き出す要領ですが、あくまで借金であり、自分のお金を使うのではありません。

 

最近では借入カードを使用しないで、指定した金融機関の口座に融資金を振り込むサービスが付与したキャッシングも登場しています。インターネットや電話から手続きすると、早ければ瞬時で振込が完了します。通常振込手数料は発生せず、わざわざキャッシング会社まで出向く必要もありませんので非常に便利です。

 

キャッシングには借入可能な「借入限度額」が設定されます。
「借入限度額」の範囲内で借入と返済を繰り返していくのがキャッシングの利用方法です。
例えば一度借入限度額いっぱいまで借入した場合でも、返済により借入限度額に空き枠が生じれば、その空き枠を利用して、基本的にいつでも自由に再度借入することが可能です。

 

キャッシングで借りたお金の使い道(資金使途)は特段限定されていません。
どのような目的で使用するかは利用者の裁量次第で、都度キャッシング会社に申告する必要もありません。

 

ただし競馬やパチンコなどのギャンブルや株式投資などの投機性資金としての利用は禁止されています。またキャッシングは基本的に「個人向け」融資ですので、法人経営資金や個人事業主の事業資金としても利用できません。

 

キャッシングとカードローンの違い

「借入限度額」が設定される個人ローンとしては、キャッシングの他に「カードローン」があります。どちらも借入専用カードを使用して借入する点も同様ですが、この両者には「返済方法」に違いがあります。

 

「キャッシング」は基本的に「翌月一括返済」です。
借りたお金は翌月の返済日に、それまでの利息を合わせて一括で返済します。

 

対して「カードローン」は基本的に「分割返済」です。
借りたお金は毎月の返済日(約定日)にその時点での利息を計算して分割で返済します。

 

ただし最近の金融業界ではこの違いが非常にあいまいになっています。
「キャッシング」と呼ばれる商品でも分割返済を行うようになっています。
インターネットサイトなどでも、この両者を同様に扱っている先も少なくありません。

 

利用する側としては名称の違いに惑わされないように注意しましょう。
あくまで商品自体の特性をよく理解して、上手に利用していきましょう。