MENU

キャッシングは無審査でも可能!?

  • 「審査に合格するかどうか不安だ」
  • 「以前にキャッシングの審査を受けただ不合格だった」
  • 「誰にもばれずにキャッシングを利用したい」

 

キャッシングについてこのような考えを持たれる方が陥るのが「無審査キャッシング」の罠です。

 

無審査のキャッシングとは?

通常キャッシングでお金を借りるには審査を受ける必要があります。
お金を貸す金融業者側としても、貸したお金がきちんと返済されなければ営業が成り立ちません。そのため利用者の返済能力を判断するために審査を行います。

 

ところが街中の金融業者の中には「無審査」を宣伝している先もあります。
またインターネットでキャッシング会社について調べてみると、やはり「無審査」の金融業者を見つけることができます。

 

ほとんどの先が名前も聞いたことのないような中小の金融業者ですが、利用者側にとっては「無審査」という言葉自体が非常に魅力的に見えてしまいます。

 

キャッシングの審査は利用者の返済能力を判断し、貸したお金が確実に返済されるように行うものです。この「審査」を行わない、つまり「無審査」という金融業者には必ず裏があることに気づく必要があります。ろくな審査を行わずに融資を行うということは、貸したお金が必ずしも返済される必要はない、という意味なのです。

 

貸したお金「元金」よりも、それに対する「利息」収入(しかも法律の上限を越えた高額利息)を目的とする。返済できなくなると、すぐに利用者の資産を差し押さえする。利用者本人だけでなく、周囲の家族などからも回収しようとする。合法的手段だけでなく、ときには違法な手段を講じてでも回収しようとする

 

このような金融業者に関わると、最悪の場合人生そのものを失う結果となります。
「どうしても借りたい」という気持ちは分かりますが、このような手法には騙されないようにしなければいけません。

 

クレジットカードの現金化にも注意

「無審査」のキャッシングとして巷で騒がれているのが「クレジットカードの現金化」です。
クレジットカードには商品などを購入し後払いする「ショッピング枠」が設定されています。
「ショッピング枠」は代金を後払いする機能ですので、それ自体で現金を借入することはできません。

 

しかし「クレジットカードの現金化」の手法では、この「ショッピング枠」を利用して現金を入手できると宣伝しています。

 

例えば利用者にクレジットカードのショッピング枠を利用して50万円の商品を購入させます。その後その商品を45万円で買い取ることにより、利用者は45万円の現金が入手できることになります。当然クレジットカードの利用金額50万円は後から請求されることになります。

 

通常クレジットカード会社はクレジットカードを利用して購入した商品の転売は、後払いの代金を返済完了するまで認めていません。万が一転売の事実が発覚すると、即座に代金の一括返済を要求されるだけでなく、契約違反として違約金を請求されることもあります。また法的手続き(自己破産など)を行った場合、免責されることになり、クレジットカード代金の債務は無くなりません。

 

クレジットカードの現金化を取り扱う金融業者も、また違法な営業を行う悪徳業者が大半です。このような手法にも誘いに乗らないようにしましょう。