MENU

キャッシングの審査ポイント!

キャッシングでお金を借りるには、審査に合格する必要があります。
審査基準は各社異なっており、また一般的には公表されていません

 

しかしキャッシングの審査でどのようなポイントを重視するのかは、ある程度共通しています。そのポイントを押さえたうえで申込を行うことで、審査に合格できる可能性も高くなるでしょう。

 

安定した収入があるかどうか

まずは利用者の「安定した収入」がポイントに挙げることができます。
安定した収入から、返済能力が十分であることを確認するのです。
ただし「安定した収入」とは単純に「収入が多ければいい」というものでもありません

 

収入の額が審査に影響を与えるのは、基本的に「借入限度額」であるといわれています。
それよりも借入判断としては「一定額以上の収入が安定して」いることがより重要視されます。

 

例えば前年度が年収600万円、今年度は年収100万円という方では「安定した収入」がある方とはいえません。逆に毎年コンスタントに年収300万円を挙げている方が、審査ではより高い評価を得ることができます。

 

またある程度安定した収入が認められれば、パートやアルバイトの方でも借入可能としているキャッシングもたくさんあります。

 

「安定した収入」を大きく左右するのは、申込者の勤務情報です。
勤務先・雇用形態・勤続年数などが、審査でも重要視される傾向にあります。

 

例えば収入自体が低くても「公務員」の方などは、借入金額はともかく審査では合格できる可能性が高い属性といえるでしょう。

 

過去の借入履歴

次にポイントとして挙げられるのが「過去の借入状況」です。
キャッシングの審査では必ず「個人信用情報」の確認が行われます。

 

「個人信用情報」では過去の借入契約内容、返済状況などが記録されています。
この情報に問題がある方は、審査でもかなり不利となります。

 

返済遅延や金融事故などを引き起こしている方は、キャッシングの審査でもかなり合格するのが難しいといえるでしょう。「支払いが遅れたのは他社だから、また昔のことだから」という考えは通用しません。「借りたお金はきちんと返す」という当たり前のことを実行できていない方に対して、信用してお金を貸す方はまずいないでしょう。

 

現在の借入状況

「個人信用情報」で確認するのは、過去の借入だけではありません。
現在どれだけの借入を利用しているのかも、大きなポイントとなります。
とくに他社で複数の借入を利用されている方は、その借入金額以上に借入件数が審査可否を左右することになります。

 

たとえ1社あたりの借入金額が少なくても、借入件数自体が多ければそれだけ審査では不利になります。銀行系キャッシングで2社程度、消費者金融系では3〜4社がボーダーラインといわれています。

 

また借入金額では「総量規制」の影響が大きな意味を持ってきます。
「総量規制」の対象となるキャッシングは、借入総額が「年収の3分の1」を越えることはできません。

 

また「総量規制の対象外」のキャッシングであっても、借入総額は「年収の3分の1」がひとつの目安となっています。